front back
sleeve design  color



空母「隼鷹」半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3708円
サイズ:
注文数

空母「隼鷹」半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:
注文数




空母:隼鷹

豪華客船から改造された飛鷹型空母の2番艦です。
欠点の多い改造空母ながらも正規空母に劣らぬ活躍で熾烈な太平洋戦争を生き抜きました。

日本の空母で初めて本格的なレーダーを搭載した空母として知られています。

メインにシルエットをプリントし、左袖には艦名の「隼鷹」を入れました。。


ロンドン軍縮条約の制限内では明らかに不足していた空母を補う目的で、平時は大型客船として使用し、有事の際は徴用して改造空母とする事で建造費の補助を行っていた。
その補助の元で計画されたのが日本郵船の豪華客船「橿原丸」(かしわらまる)で後の「隼鷹」である。

実際には客船として起工して間もなく、日米開戦の機運が高まり、建造中に空母への改修が行われた。商船とはいえ設計段階から空母への転用を考慮していた為、速力や防御力は劣るものの、搭載機数は飛龍や蒼龍に匹敵した。

1942年に竣工するとミッドウェー作戦の陽動として「龍驤」と共にアリューシャン列島への攻撃に参加。 ミッドウェー海戦で主力4空母が失われると、主力空母として連合艦隊の中核を担うようになる。

続く南太平洋海戦では瑞鶴と共に米空母ホーネットの撃沈に貢献したが、マリアナ沖海戦では2発の直撃弾を受け修理が必要となり、これによりレイテ沖海戦には参加出来なかった。

修理が終った頃には、もはや連合艦隊に空母を運用する力は無く、所属航空部隊は陸上基地に移動され、隼鷹には輸送任務が与えられた。 この輸送任務中に米潜水艦からの雷撃により再び損傷、修理中に終戦を迎えた。

豪華客船から主力空母へ、更には空母から輸送船と、戦況に翻弄された隼鷹は係留されていた佐世保で戦後解体された。


竣工   :1942年
排水量  :24,140トン
全長   :219.32m
乗員   :1187名
最大速度 :25.5ノット
艦載機  :53機(補用機含む)
同型艦  :「飛鷹」



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.