front back
sleeve design  color



空母「龍驤」半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3708円
サイズ:
注文数

空母「龍驤」半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:
注文数




空母:龍驤

日本海軍が「鳳翔」「赤城」「加賀」に続き4番目に建造した軽空母です。
小型ながらも南方攻略やアリューシャン列島攻略で実力以上とも言える存在感を示しました。

度重なる設計変更により一時は欠陥空母とまで呼ばれた名脇役の独特なシルエットをプリントしました。

左袖には艦名の「龍驤」が入ります。


「龍驤」は1921年のワシントン軍縮条約に従って1万トン以下の小型空母として建造が進められていたが、1930年に締結されたロンドン軍縮条約で1万トン以内にする意味が失われた為、急遽設計を変更し1933年に完成した。

最大の変更点は一段式の格納庫を二段式にした事である。 これにより搭載機数は増加したが、必然的に著しく重心が高くなってしまい、急旋回や波浪により大きな傾斜を起こすクセがあった。また、艦首と艦尾は乾舷が非常に低かった為、荒天時の走破性を疑問視する声もあった。

完成から2年後に起きた「第4艦隊事件」(第4艦隊が三陸沖で台風に遭遇し多くの艦が被害を受けた事件)でそれらの問題が現実のものとなった。

龍驤は飛行甲板をはじめ、艦首・艦橋・格納庫に大きな損傷を受けた。 これにより大規模な改修が行われ、船体の補強や乾舷の引き上げ、低重心化などが実施された。

実戦では日華事変による出動が初陣で、太平洋戦争開戦時には主力からは外されたものの、南遣艦隊に編入され南方攻略作戦で活躍した。

更にインド洋の通商破壊作戦を経てアリューシャン攻略作戦で「隼鷹」と共にダッチハーバーを空襲。 ガダルカナル上陸戦ではミッドウェー海戦で失われた主力4空母の穴を埋める形で主力扱いとなり、活躍を期待されたが、第2次ソロモン海戦で米空母サラトガの攻撃隊からの空襲を受け大破、沈没した。

軽空母でありながら人々の記憶に残る活躍をした艦と言える。


竣工   :1933年
排水量  :10,600トン
全長   :180m
乗員   :約920名
最大速度 :29ノット
艦載機  :48機(補用機含む)
同型艦  :なし



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.