front back
sleeve design  color



戦艦「霧島」半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:
注文数

戦艦「霧島」半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3708円
サイズ:
注文数




戦艦:霧島

金剛型の4番艦にして日本海軍最後の巡洋戦艦です。

金剛と同じく度重なる近代化改装を行い、巡洋戦艦→戦艦→高速戦艦と、飛躍的に性能をアップさせました。

第三次ソロモン海戦では米新鋭戦艦2隻を相手に大奮戦した事でも知られています。

メインには第二次改装後のシルエットをプリントし、左袖には艦名の「霧島」が入ります。


「霧島」は金剛型戦艦の4番艦として1915年に竣工した巡洋戦艦である。

太平洋戦争開戦時までに2度に渡る大改装を受け、弱点と言われた速力や防御力を大幅に改善、巡洋戦艦から戦艦、そして高速戦艦へと進化していった。

同型艦である「比叡」と行動を共にし、真珠湾攻撃、インド洋作戦、ミッドウェー海戦などに参加。
1942年にはガダルカナル島の米軍飛行場「ヘンダーソン基地」を砲撃する為に出撃、運命の第三次ソロモン海戦に突入する事になる。

基地砲撃は前月に「金剛」「榛名」が(戦術的には)成功させていたが、それにより米軍の警戒が強化されており、最初の夜戦(第一夜戦)において僚艦「比叡」が被弾、自沈に追い込まれる。

しかし作戦は強行され、第二夜戦が発生。
待ち伏せをしていた米新鋭戦艦「ワシントン」「サウスダコタ」と激しい砲撃戦になった。

霧島は攻撃力・防御力、そして数的(2対1)にも劣っていたが、駆逐艦隊の活躍もあり奮戦、サウスダコタを砲戦不能に追い込む事に成功。 しかしワシントンのレーダー射撃による反撃で集中砲火を受け大破炎上。

更には比叡と同じく舵取機室に被弾、舵が動かなくなり、艦の傾斜も増した為、総員退艦の上、自沈処理された。

太平洋戦争における日本の戦艦として唯一、戦艦に沈められた戦艦である。 


竣工   :1915年
排水量  :32156トン
全長   :222.65m
乗員   :約1440名
最大速度 :29.8ノット
兵装   :35.6cm連装砲×4基
      15.2cm単装砲×14基
同型艦  :「金剛」「比叡」「榛名」



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.