front back
sleeve design  color



戦艦武蔵半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:
注文数

戦艦武蔵半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3708円
サイズ:
注文数




戦艦:武蔵

世界最大の戦艦「大和」の2番艦にして日本が建造した最後の戦艦です。

シブヤン海海戦で魚雷20本、爆弾17発という想像を絶する損害を受けましたが、それでも「武蔵」は浮いていたと言われます。

メインに最終艤装時の武蔵をプリントし、左袖には艦名が入ります。


「武蔵」は先に完成した「大和」で判明した不具合の改善や通信設備の充実などを施し1942年に竣工した。

基本的なスペックは「大和」と同じであり、史上最大の46cm砲9門をはじめ、基準排水量64,000トン、舷側装甲410mm、出力15万馬力などなど、スピードを除くほぼ全てにおいて最強の戦艦と言えた。

竣工の翌年には連合艦隊旗艦となりトラック島に進出、しかしその3ヶ月後に司令長官の山本五十六が戦死し、遺骨を内地まで運んでいる。

既に海戦の主役は空母に移っており、温存された事もあってしばらく出番は無かった。 大戦終盤になってマリアナ沖に出撃するも、やはり空母主体の戦闘になり交戦はしていない。

続くレイテ沖海戦(シブヤン海海戦)では輪型陣の外側にいた「武蔵」に米軍機の攻撃が集中(大和は輪型陣の中心) 第1次空襲から被雷・被弾するも強靭な船体と巧みなダメージコントロールにより、約5時間に渡り奮戦。

次々と命中する魚雷に耐えていたが、最終的に第6次空襲までに命中魚雷20本、爆弾17発という軍艦史上類を見ない大損害を受けた。

これだけの損害にも関わらず、「武蔵」の機関は停止せず6ノットで進むという驚異的な粘りを見せていたが、もはや浸水を止める事は出来ず左舷へ転覆、深海へと消えていった。

現在も海底に沈む武蔵の船体は発見されていない。


竣工   :1942年
排水量  :64,000トン
全長   :263m
乗員   :約3300名
最大速度 :27ノット(約50km/h)
兵装   :主砲46cm砲×9門
      副砲15.5cm砲×6門
ほか
同型艦  :「大和」



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.