front back
sleeve design  color



駆逐艦「雪風」半袖Tシャツ
カラー:ブルー
価格 :3708円
サイズ:
注文数

駆逐艦「雪風」半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3708円
サイズ:
注文数




駆逐艦:雪風

日本海軍一の幸運艦として有名な駆逐艦です

どんな危険な航海でも、どんな負け戦でも、沖縄特攻の際も常に港に帰って来た最強の「運」と「実力」を兼ね備え「奇跡の駆逐艦」とさえ言われました。

温存された戦艦と違い、常に過酷な前線で酷使された駆逐艦。 陽炎型駆逐艦19隻のうち、戦後まで生き残ったのは雪風ただ1隻でした。

メインに最終時の雪風のシルエットをプリントし、左袖には駆逐艦ならではの、逆読みカタカナで艦名が入ります。



雪風は陽炎型駆逐艦の8番艦として昭和15年に佐世保海軍工廠にて誕生。

陽炎型駆逐艦は艦隊決戦を想定した魚雷戦を主とした「艦隊型駆逐艦」だったが、ついにその機会は訪れず、実際には船団護衛や哨戒任務、更には輸送船として常に激戦地に送り込まれた。

雪風もミッドウェー・ガダルカナル・マリアナ沖・レイテ沖と名だたる戦闘に参加。僚艦が次々と沈んで行く中、確実に戦果をあげつつ常に生還し、その幸運ぶりを海軍内に知らしめた。

雪風の幸運ぶりは自他ともに認めるものであったが、その反面、行動を共にした艦艇は常に大きな損害を受けており、一部では「死神」として恐れる兵もいたと伝えられる。

最後の艦隊行動である「沖縄水上特攻」でも雲霞のごとく飛来する敵機の猛攻をしのぎきり生還。その後も幸運は続き終戦を迎えることとなった。

陽炎型駆逐艦とその改良型である夕雲型駆逐艦の計38隻で生き残ったのは雪風ただ1隻である。

戦後は武装解除の上、復員船として活躍、のべ13000人の日本兵を国内へと輸送。最終的には戦時賠償艦として中華民国へ譲渡、「丹陽(タンヤン)」と命名され昭和41年まで使用されたのち除籍され解体。 幸運艦の名にふさわしい長寿をまっとうした駆逐艦だった。


竣工   :1940年
排水量  :2033トン
全長   :118.5m
乗員   :約240名
最大速度 :35ノット(約65km/h)
兵装   :主砲12.7cm砲×6門
      九二式61cm4連装魚雷発射管×2
同型艦  :「陽炎」「不知火」など18隻



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.