front back
sleeve design  color



空母飛龍半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3708円
サイズ:

注文数

空母飛龍半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:

注文数



空母:飛龍

「赤城」と共に「左舷中央艦橋」という世界的にも珍しい場所に艦橋を持った個性的な中型空母です。

大敗を喫したミッドウェー海戦で孤軍奮闘し米空母ヨークタウンを大破させるなど数々の武勲を挙げ、中型空母ながらも「太平洋戦争で最も勇戦した日本空母」と言われています。

メインには開戦時の飛龍のシルエットをプリントし、左袖には飛行甲板に書かれた識別用の「ヒ」の文字が入ります。


飛龍は先に完成し一定の評価を受けていた「蒼龍」の2番艦として建造されたが、飛行甲板幅の拡張や艦橋を左舷中央に移設するなど随所に新しい試みを導入した結果「蒼龍」の同型艦とは言いがたい容姿となった。

太平洋戦争直前の昭和14年に完成した飛龍は第2航空艦隊に所属。最新鋭の空母として期待されていたが、航空機の急激な発展と共に時代は大型の空母を必要としており、搭載できる航空機や燃料が限られるコンパクトな飛龍には用兵上の制約つきまとう事となる。

他の主力空母と同じく真珠湾攻撃に参加した後、第2次ウェーク島攻略(成功)、ポートダーウィン空襲(成功)、セイロン沖海戦(英空母ハーミーズを始め重巡を共同で撃沈)などなど、輝かしい戦績を残す。

そして太平洋戦争の分岐点となったミッドウェー海戦では、「加賀」「蒼龍」が沈み「赤城」が大破した後も孤軍奮闘、最後まで単艦気を吐きヨークタウンを大破に追い込んだ。

中型空母の意地により日本海軍はパーフェクトゲームだけは免れたが、それ以上の挽回は叶わず、飛来した敵機により飛龍も大破炎上。
総員退艦の後、味方駆逐艦の魚雷で処分された。

竣工   :1939年
排水量  :17,300トン
全長   :227m
乗員   :約2000名
最大速度 :34.5ノット(約63km/h)
艦載機  :73機(補用機含む)
同型艦  :蒼龍



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59

※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.