front
back
sleeve design 
color

三八式歩兵銃半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3900円
サイズ:
注文数

三八式歩兵銃半袖Tシャツ
カラー:ブルー
価格 :3900円
サイズ:
注文数


三八式歩兵銃

帝国陸軍小銃の代名詞「サンパチ」です。
国内史上最も多く生産された国民的小銃は使用期間の長さや命中精度の高さで海外でも有名です。

明治38年に採用されてから第二次大戦集結まで実質的に主力小銃の座にありました。

1/2スケール(実寸)の三八式歩兵銃に三十年式銃剣を着剣した状態をプリントしました。「Arisaka」とは基本設計をした有坂成章の事で、海外での三八式歩兵銃の通称でもあります。左袖には「三八」と入ります。


「三八式歩兵銃」は既に配備され日露戦争でも使用されていた「三十年式歩兵銃」の改良型として1905年(明治38年)に日本陸軍に採用された小銃である。

当時主流であった連発式のボルトアクションライフルで弾薬は口径6.5mmの「三八年式実包」を使用した。 このライフル弾は反動が少なく命中率が高い事から体格の小さい日本人向けであったが、破壊力はやや不足しており、後継となる九九式小銃では7.7mmにサイズアップされている。

誕生時の三八式の性能は世界的に見て優秀であり、30年以上経った第二次大戦開戦時の世界水準と比べても大きく劣ってはいなかったが、完成までには職人による調整を必要とし、個体差があったとも言われる。また、厳密な部品の統一がなされておらず、製産工場や時期が異なるとパーツの流用が出来ない面もあった。

初陣は1914年の第一次大戦(日独戦争)で、その後も主力小銃としてシベリア出兵や日中戦争などで活躍した。1939年には後継の九九式小銃が採用されるが戦線の拡大で製産が追いつかず、三八式は終戦まで使用され、総生産数は日本軍で最も多い約340万挺である。

優秀な小銃で使用期間も長かった事から、騎兵銃・狙撃銃など多くのバリエーションを生み出しており、イギリスやロシアなど数カ国に輸出もされている。

第二次大戦後は武装解除と共に大量に海外へ流出し、コンディションの良好なものが現在も愛好家によってスポーツシューティングなどで使用されている。


全長  :1276mm
重量  :3.73Kg
口径  :6.5mm
装弾数 :5発

作動方式:ボルトアクション
発射速度:手動



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.