front back
sleeve design  color



T34-76 半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ
注文数

T34-76 半袖Tシャツ
カラー:オリーブ
価格 :3708円
サイズ
注文数

T34-76中戦車

攻撃・防御・機動力・生産製、全てにおいて同世代の戦車を時代遅れにしてしまったソ連の傑作戦車です。

避弾経始を考慮した斬新な形状による高い防御力や強力な76mm砲、燃費のいいディーゼルエンジンに快速を支える優秀なサスペンションなどなど、細かな欠点を補って余りある性能を誇りました。

1941年型(鋳造砲塔)のT34-76をメインに、左袖には愛称の「RODINA(祖国)」をプリントしました。


T34は外国製の戦車の模倣を卒業したソビエトが明確なコンセプトのもと開発した中戦車である。

まず主砲の76.2mm砲は当時としては非常に強力であり、発火しにくく燃費に優れたV型12気筒ディーゼルエンジンの採用や避弾経始を目的とした傾斜装甲、悪路での高い走破性を実現したサスペンションや履帯など、同世代の戦車に比べ優れた点が多かった。

更に特筆すべきは徹底した生産効率の良さである。部品点数を極限まで減らし大量生産を可能にした結果、大戦中だけでも60,
000輌(各派生型合計)という膨大な数の生産を実現した。

独ソ戦開始と共に彗星のごとく現れた高性能なT34-76にドイツ軍は大きな衝撃を受け、その後の戦車開発において影響を受ける事になる。

ソ連らしい重点主義により大きなアドバンテージを得たT34ではあったが、その反面で乗員削減(4名)や無線機不足による指揮の乱れ、視界不良などに加え新兵器につきものの初期不良にも悩まされた。

随所に見られた欠点は細かなバージョンアップを繰り返し克服、必要な性能を必要な時に必要なだけ用意出来た点からすれば、第二次大戦の最高傑作戦車と言える。

T34一族は戦後も東欧諸国を始め、アジアや中東諸国で長年使用され、独自の改良型が無数にある希有な戦車である。



製造   :1941年(ソ連)
全長   :5.92m
全高   :2.45m
重量   :26トン
装甲   :45mm(最大)
兵装   :76.2mm戦車砲
     :7.62mm機銃×2
乗員   :4名
総生産数 :約34000輌(76.2mm各型合計)



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59

※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.