front back
sleeve design  color



八九式中戦車 半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:
注文数

八九式中戦車 半袖Tシャツ
カラー:オリーブ
価格 :3708円
サイズ:
注文数

八九式中戦車(イ号)

日本陸軍初の国産制式戦車です
その後の日本戦車の流れを決めました。

登場時期が早く比較的マイナーな印象のある八九式ですが、実は世界で初めて大量生産されたディーゼルエンジン戦車でもあります。

メインに後期型のシルエットをプリントし。左袖には秘匿名称である「I-GO(イ号)」とプリントしました。


八九式中戦車は1929年に開発され、1931年から量産された国産戦車で、世界に先駆けてディーゼルエンジンを搭載していた。

当初はガソリンエンジンを採用していたが、不具合が発生しやすかった上に、国内の厳しい燃料事情も影響して燃費の良いディーゼルが採用された為、結果的にガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類が存在し、1935年からは甲型(ガソリン)・乙型(ディーゼル)に分類された。

主に中国戦線に投入されて活躍をしたが、主砲の威力不足と防御力の低さは否めず、また不整地での機動性もまだ低かった。

決定的になったのはノモンハン事件でのソ連軍との戦闘で、17mmの正面装甲は容易に貫通されてしまった。続く太平洋戦争では既に時代遅れとなっており軽戦車であるM3スチュアートに歯が立たなかった。

ここに来て、主力の座を九七式中戦車に譲った八九式だったが、補充車輛や本土決戦兵器として終戦まで現役で維持された。

誕生した当時は世界的に見ても標準的な性能だったが、あくまでも歩兵支援というコンセプトであり対戦車戦闘を想定していなかったので活躍の場は限られていたと言える。



製造   :1934年(日本)
全長   :5.75m
全高   :2.56m
重量   :12.1
トン
装甲   :17mm(最大)
兵装   :57mm戦車砲
     :6.5mm機銃×2
乗員   :4名
総生産数 :404輌(各型合計)



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59

※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.