front
back
sleeve design 
color

MG42半袖Tシャツ
カラー:オリーブ
価格 :3900円
サイズ:
注文数

MG42半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3900円
サイズ:
注文数

機関銃:MG42

第二次大戦において敵味方問わず、最も存在感を示したドイツの汎用機関銃です。

毎分1200発の連射を誇り、その間断ない発射音から「ヒトラーの電動のこぎり」と恐れられました。

軽・重機関銃、対空機関銃、車載機関銃などなど、汎用マシンガンという新しいカテゴリーを確固たるモノにした機関銃です。

1/2スケールのMG42(実寸)をダイナミックにプリントしました。Maschinengewehrとはドイツ語で機関銃を意味します。


1934年にドイツ軍に採用されたMG34は世界初の本格的汎用機関銃だったが、精密かつ複雑なパーツ構成だった為にデリケートで作動不良が多かった。
また量産性も悪かったので、大戦が始まると改良型が望まれるようになった。

1939年に第二次大戦が始まるとドイツはポーランドを占領。 その時に捕獲した試作機関銃の発射機構にヒントを得てMG34を改良、1942年に誕生したのがMG42である。

MG42は発射機構の変更だけでなく、部品点数の減少やプレス加工の多用により量産性が上がり、連射速度の向上(毎分1200発)や軽量化(-500g)、作動不良の大幅な改善など、驚くべき完成度の機関銃となった。


極寒の東部戦線から灼熱のアフリカ戦線まであらゆる戦場へ投入され、前線では二脚によるライトマシンガンとして、拠点防衛では三脚(ラフェッテ)を使用しヘビーマシンガンとして活躍。 他にも対空機関銃や車載機関銃など汎用機関銃の名の通り幅広い戦闘をこなした。

MG42は連合軍兵士にとって大きな脅威であり、その独特な射撃音から「ヒトラーの電動のこぎり」と呼び恐れたと言う。

その進歩性と優秀性の為、戦後は各国がこぞってMG42を模倣した。 基本設計をそのままに使用弾を7.62mmNATO弾に変更したMG3機関銃が現在も多くの国でライセンス生産されていることからも、この銃の凄さが伺える。



全長  :1220mm
重量  :11.6Kg
口径  :7.92mm×57
装弾数 :ベルト給弾式

作動方式:ローラーロック
発射速度:1200発/分


サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.