front back
sleeve design  color



KVー2 半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3708円
サイズ:
注文数

KVー2 半袖Tシャツ
カラー:オリーブ
価格 :3708円
サイズ:
注文数


重戦車:KV-2

アンバランスとも言える巨大な砲塔に152mm榴弾砲を搭載、ドイツ兵がギガント(巨人)と呼び恐れたソ連の重戦車です。

本来の目的である要塞陣地突破には絶大な威力を発揮、高さ3mを優に越える巨体からソ連兵の間では親しみを込めて「ドレッドノート」(陸上戦艦)と呼ばれていました。

メインにシルエットをプリントし、左袖には「GIGANT」とプリントしました。


1939年にソ連がフィンランドへ侵略を開始して冬戦争が勃発。3倍の兵力で攻め込んだソ連軍であったが、フィンランド将軍の名で有名な防衛線「マンネルハイム線」にて大損害を出し、前進を阻まれてしまう。

そこで前線からの要求に応える形で、急遽本国にて要塞陣地突破用の重戦車が開発される事となった。当時開発されたばかりの重戦車KV-1をベースにし、主砲を152mm榴弾砲に変更、約2ヶ月という信じがたいスピードで誕生したのがKV-2である。

152mmという巨砲を旋回砲塔に納めた上に、最大装甲を110mmも持たせた為、前例の無い頭でっかちな砲塔となり。 その巨大な容姿から味方兵士には「ドレッドノート」(戦艦)と親しまれ、ドイツ兵からは「ギガント」(巨人)と呼ばれ恐れられた。

マンネルハイム線に投入された初期型のKV-2は期待通りの破壊力を見せつけ、対防御陣地戦に絶大な威力を発揮、フィンランド軍の37mm対戦車砲弾48発を全て弾き飛ばすなど、高い防御力も証明してみせた。

固定目標に対しては非常に有効と言えたKV-2だが、非力なエンジンに52トンという巨体、12トンもある砲塔が手動式(傾斜があると重さで旋回できない)、分離薬莢式の砲弾(装填手が2名必要)など、機動性は劣悪であり、活躍の場は限られていた。

戦車王国のソビエトにおいて、200輌ほどしか生産されなかった事からも、用兵上の制約が厳しかったことが伺える。


製造   :1940年(ソビエト連邦)
全長   :6.95m
全高   :3.24m
重量   :52トン
装甲   :110mm(最大)
兵装   :152mm榴弾砲
     :7.62mm機銃×3
乗員   :6名
総生産数 :202輌



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59

※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.