front
back
front design
sleeve design  color




イングラムM11

無骨なディテール、毎分1000発を越える発射速度、激しいスライドを繰り返すオープンボルト、「じゃじゃ馬」という言葉がピッタリの小粒でもピリリと辛いサブマシンガンです。

昨今のお行儀のいいSMGには無い魅力を持ったイングラムM11の高速連射を飛び散る薬莢で表現し、装弾数分の弾丸(.380ACP)を描きました。

左袖には基本スペックが入ります。



イングラムM11は1969年にゴードン・イングラムの手によってリリースされたサブマシンガン「M10」を更に小型化したものである
生産製の高いプレス加工を多用、M10譲りの高速な発射サイクルによりフルオート時の制御は至難の技となり、その派手さに反して使用シーンを選ぶ銃である。

M11は当時のCIA諜報員が携行性と火力を評価、好んで使用していた為、別名「CIAのおもちゃ」とも呼ばれる。
イングラムM10と共に映画やドラマで登場する事も多く、サブマシンガンとしての知名度は高い。

製造元のSIONICE社はその後MAC社に買収されたのでMAC11と呼ぶ事もある。
SIONICE社(買収)→MAC社(倒産)→RPB社(倒産)と、幾度も販売元が変わった数奇な銃でもある。



全長  :248mm/457mm(ストック伸張時)
重量  :1590g
使用弾丸:.380ACP
装弾数 :32発/16発

作動方式:オープンボルト



イングラム半袖Tシャツ
カラー:ネイビー
価格 :3900円
サイズ:
注文数

イングラム半袖Tシャツ
カラー:グレー
価格 :3900円
サイズ:  
注文数





このTシャツは当店の他のTシャツとサイズ設定が違います、ご注意下さい。
サイズ(cm)
身丈
身幅
S
66
49
M
70
52
L
74
55
XL
78
58


※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.