front back
sleeve design  color


紫電改 半袖Tシャツ
カラー:ブラック
価格 :3900円
サイズ:
注文数

紫電改 半袖Tシャツ
カラー:オリーブ
価格 :3900円
サイズ:
注文数






局地戦闘機:紫電改

紫電二一型、通称「紫電改」です

2千馬力級の「誉」エンジンや「自動空戦フラップ」の採用など野心的な設計で高性能を誇りました。

劣勢極まる終戦間際、松山基地の343航空隊で集中運用され大きな戦果を挙げた事は有名です。
日本海軍最期の意地を見せた機体とも言えるでしょう。

フロントには増槽を切り離して敵機に襲いかかるシーンを(GEORGEは米軍コードネーム)、左袖には「改」と機体略号の「N1K2-J」をプリントしました。



「紫電改」は飛行艇で名を馳せた川西航空機が開発した局地戦闘機で、正式名称は「紫電二一型(N1K2-J)」ある。

もともとは水上戦闘機である「強風 」を陸上機化した「紫電」があり、その紫電を徹底的に改良したのが「紫電改」だった。

同じ誉エンジンの搭載や開発時期の重なりから陸軍の「疾風」と比べられる事が多いが、本機の方が格闘戦は優れていたと言われる。 その理由のひとつは「自動空戦フラップ」の導入が挙げられる。

自動空戦フラップとは先に開発された強風・紫電で培った川西独自の技術で、離着陸に使用するフラップを空戦中に使用して旋回能力を向上させるものである。 この新技術の熟成により紫電改は高速でありつつも格闘性に優れるという相反する能力を持った戦闘機となった。 

「誉」搭載機に有りがちなエンジン不調に悩まされはしたものの、練度の高いベテラン搭乗員を中心に集中運用を行い、第343航空隊(通称:剣部隊)ではF6FやP-51を相手に互角の闘いを繰り広げ、20mm機銃4門という重武装を生かしB29の迎撃にも奔走した。

紫電改の製産機数は415機とかなり少ない。しかし大戦末期を代表する高性能機であり運用の仕方が印象的だった事も手伝って、現在でも人気の高い機体である。


就役   :1944年
速度   :594km/h
武装   :20mm機銃×4
爆弾搭載量:60kg爆弾×4
     :250kg爆弾×2
生産機数 :415機



サイズ(cm)
身丈
身幅
M
68
50
L
71
53
XL
74
56
XXL
77
59

※サイズ変更による返品交換は往復送料お客様負担となりますので慎重にお選び下さい →サイズ詳細
※デザイン及びボディ(生地)のカラーはお客様のモニターの設定により若干実物と違う事があります、どうかご了承下さい
※主要緒元については参考資料により諸説存在する場合があります
本サイトに掲載されている画像・文章等の無断転載を禁じます
GIGANT online shop since 2007  Copyright Gigant. All Rights Reserved.